デイサービスの献立について

調理師が毎日の栄養のバランスを考え、月単位での献立を決めます。
また、小規模デイの場合は調理担当のスタッフが栄等のバランスを考え決めていく場合が多いです。
基本的に「柔らかいもの」となっており、ご飯や麺類も柔らかくなっています。
また、その利用者一人一人に合わせて(極柔らか)(刻み食)(極刻み食)(ミキサー食)(ペースト状)となっており、誤嚥がないような状態の物が出されます。
献立としては肉料理よりも、煮魚や煮物など消化の良いものが多くなっています。
肉が入った料理は初めから小刻みにされ、食べやすくなっていることが殆どですが、その施設によっても違いは出てきます。