スポンサードリンク

介護保険とデイサービス

デイサービスと介護保険


介護サービスを利用するためには、それを利用する方が要介護者であるかどうかを認定調査によって認定をされる必要があります。

「要介護度審査」
認定調査を保険者(調査員)が行い、その結果とかかりつけ医者の作成する意見書を基にし認定審査会によって審査が行われます。

一次判定を行い、その結果によって二次判定を行い「要支援」「要介護1」~「要介護5」の6段階に分けられます。

これらの結果に基づいて、どのような居宅介護サービスを行っていったら良いか、デイサービスを利用した方が良いか等をケアマネージャーが家族と話し合いプランを練っていきます。

2006年(平成18年度)の介護保険制度改正より「要介護1」の一部が「要支援2」に変わりました。
「要支援」は「要支援1」へと変わっています。

介護サービスは利用者が希望するサービスを支給限度額内で必要な分野を組み合わせながら利用が出来ます。

介護サービスを要介護認定を受けた被保険者が事業者から受けた場合は、その9割が保険で支給されます。
実費は「1割負担」となります。


(介護保険の認定を受ける手順)

1・申請
各市町村の役所の」窓口にて受け付けています。
その他には社会福祉協議会、在宅介護支援センター。
本人が行けない場合には在宅介護支援事業者や市区町村の民政委員などでも代行で申請する事が可能となります。

2・訪問調査

保健婦、ケースワーカー、ケアマネージャーなどが、申請を行った人の家庭に訪れ「環境」や「状況」などを調査します。

3・第一次判定

第一段階の判定はコンピューターで行います。

4・第二次判定

市区町村の「認定審査会」(保健、医療、福祉等、介護に関する学識経験者など)達が「介護給付の有無」「利用限度額」などを決めていきます。

5・要介護度の認定

・要介護度が判定された場合、市区町村から認定され「被保険者証」に記入され本人に通知されます。
・申請~要介護度の認定まで1ヶ月程かかります。
・それまでの期間が待てない場合は、利用する方が費用の全額を立替払いをして置いてもらい、認定後に給付分の償還を受ける形をとることが出来ます。

認定が終わり介護プランをたてて利用していく場合。
・ケアプラン・サービスの利用・介護認定の見直しが行われていきます。

また「苦情の申し立て」といい、介護認定に不服がある場合には、各都道府県に設置されている「不服審査」という形で介護保険審査会へ届けることも出来ます。

(介護認定されてから60日以内)

スポンサードリンク
     

最近のブログ記事

サイトマップ   Top