デイサービス情報局トップページ >  デイサービスの人員基準
スポンサードリンク
  

デイサービスの人員基準

ディサービス、つまり通所介護事業者の人員基準について。

※収容人員数により変わってきますが、一例を記しておきます。

(1)常勤管理者

管理の職務に従事する常勤管理者。

(他の職務、又は同一敷地内の他の事業所の職務との兼務が認められます)。
※認知症対応型通所介護の管理者については、認知症介護サービスの管理者研修を修了していなければなりません。


(2)生活相談員

生活相談員(社会福祉主事、社会福祉士、精神保健福祉士、又はこれらと同等の能力を有する者)を1人以上。

※生活相談員又1人以上は常勤者であること。

(3)看護職員(看護師・准看護師など)

看護職員を1人以上配置すること。
(尚、小規模では必ずしも必要ではありません)

(4)介護職員(介護福祉士・ホームヘルパーなど)

利用者15人以下の場合は1人以上の介護職員を配置すること。
利用者が15人を超える場合は利用者が5人又は端数を増す毎に介護職員を1人追加配置すること。
(生活相談員又は介護職員のうち1人以上は常勤者でなければならない)
(介護職員は必ずしも1~3級ホームヘルパー有資格者であることが要求される訳ない)

(5)機能訓練指導員

機能訓練指導員を1人以上配置すること。
(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、按摩マッサージ指圧師のいずれかの有資格者でなければならない)
(機能訓練を行わず、加算を取らない場合は必要ではない)

【関連リンク】
もしあなたがデイサービスや介護での独立をお考えならば...開業資金・最大100万円キャッシュバック特典もある資料請求サイト→介護・デイサービスで独立

介護職・ヘルパー・ケアマネージャーなどの求人・転職情報をお探しならこちら→介護求人EX


《2010.9.28 》

関連エントリー
スポンサードリンク
  
サイトマップ   Top