デイサービス情報局トップページ >  通所介護サービスの種類と特徴
スポンサードリンク
  

通所介護サービスの種類と特徴

ここですこし復習です。
まず、通所介護とは...?

要介護者や要支援者を自宅だけで常時、介護を続けるのはなかなか大変です。
そこで、一時的に、要介護者などを老人デイサービスセンターに通わせることがあります。
そして、そのデイサービスの施設内において行なう食事の提供や入浴の補助、日常生活に関する相談健康状態の確認など、いわば機能訓練を含む、日常生活上の世話全般を指します。

通所介護役割ですが、なによりも、毎日介護に携わる要介護者や要支援者の家族に大きなメリットを見いだせます。一時的にせよ、毎日続く介護から解放されるわけです。

それでは、「通い」の介護サービスにはどんなものがあるのでしょう?
平成18年4月から、以下の3つの通所介護サービスが新設されています。

(1)要支援者向けの「介護予防通所介護」地域包括支援センターが作成するケアプランに基づき日常生活支援等の共通サービスをする。

運動器機能向上・栄養改善・口腔機能向上等の選択サービスを行ないます。 尚、介護報酬は1ヶ月毎の定額制です。

(2)地域密着型サービスの「認知症対応型通所介護」単独型(定員12人が上限)と施設併設型があり、市町村に対して指定申請手続きを行なうことになります。

注:一般の「通所介護」と「認知症対応型通所介護」を、おなじひとつの事業所でおなじ時間帯に行なう場合→職員とサービス提供エリアなどを明確に区分けをおこなう必要があります。

(3)普通の介護だけでなく、医療と介護の両方が必要な利用者向けの介護→療養通所介護。

こういった介護ではさすがに一般の通所介護とは別に指定基準が必要です。医療機関等との密接な連携体制が不可欠になります。具体的には、管理者を含めて2人以上の常勤看護師が必要になります。その場合の利用定員も5人以内となります。(ただし、小規模の場合は看護師を有することはありません。)

【関連リンク】
もしあなたがデイサービスや介護での独立をお考えならば...開業資金・最大100万円キャッシュバック特典もある資料請求サイト→介護・デイサービスで独立

介護職・ヘルパー・ケアマネージャーなどの求人・転職情報をお探しならこちら→介護求人EX


《2010.9.28 》

関連エントリー
スポンサードリンク
  
サイトマップ   Top